集客方法やウェブマーケティングで売上を上げる商品ランクのつけ方

集客方法やウェブマーケティングで売上を上げる商品ランクのつけ方

よく飲食店などにいくと、商品ランクを
つけて販売されている商品があります。

 

例えば松、竹、梅という3つのランクで
商品価格を変えて販売しているのがその
一例です。

 

実際の数値例を出すと、ある弁当が
松1500円、竹1000円、梅500円だと
します。

 

人間には人並みを狙うという性質がある
ので、中間の価格という竹が売れやすい
という性質があります。

 

やはり人間は見えを張りたい生き物なの
かもしれません。とくに友人や恋人
と一緒に食事をするとなると、なおさら
ですので、最低価格の商品より平均価格
の商品を買おうという意欲が強いという
性質があります。

 

さらに販売者側と顧客側で商品に対する
知識の格差を利用して価格付けをすると
いう方法もあります。

 

例えば顧客も販売者側も良く商品を
しっているような有名な商品があると
します。

 

広告やCMなどで露出度が高いということ
で高い価格をつけるとあっという間に
価格競争でライバルに負けてしまうような
商品であるので、低価格にせざるをえない
というものです。

 

一方顧客はほとんど知らず、販売者側が
知識が豊富というような専門性の高い
商品であった場合は、逆に価格を高くする
ことが可能です。

 

また顧客は良く知っていて、販売者側は
あまり知らないというような商品であれば
販売者は顧客の声をよく把握しておかない
とどんな安い価格をつけても売れないと
いうことがあります。

 

今は特にインターネットと使った販売
が増えていますし、顧客の声や口コミ
というのを簡単に調べることができる
ので、この点よく注意して価格付けを
しないと大きな失敗をすることになります。

 

また顧客というのは、先入観によって
商品を購入するかどうかという意思決定
をする傾向にあります。

 

このような場合にいかにして顧客の商品
への視点をうまく転換させる方法を
工夫することが大切です。

 

例えばその商品が使用される場面を
別のものに変えて使用シーンを具体化
してみるという方法があります。

 

さらに、もしかしたらこんな状況で
あれば使えるかもしれないというよう
な状況をつくりだして、どんな結果
をもたらすかということを予測される
方法も有効です。

 

いずれもアクセスアップの方法として
有効ですので活用しましょう。

 

また集客方法やウェブマーケティングで売上を
上げる商品ランクのつけ方として大いに
役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ